学院長挨拶

 最近の我が国は、経済・科学技術の分野においてめざましい発展を遂げております。国際的な活動は一段と活発になり、我が国と諸外国との交流は、ますます盛んになってまいりました。それに伴い来日する諸外国の留学生・ビジネスマンの数は増大する一方です。このような状況において、まず乗り越えなればならない問題に「ことば」の問題があります。それは、経済摩擦等により世界からの孤立が叫ばれている私たち日本人にとっても、日本の文化を学ぶために来日している外国人にとっても最も重要な課題なのです。

 朝日国際学院は、外国人のための日本語学習を通じて、国際人の育成、ならび国際文化の交流の場づくりに励んでまいりました。

 これからも朝日国際学院は、「正しく実用的な語学の修得」をモットーに、語学の真の姿の理解を目的とした教育活動を続けていきたいと思います。そして「ことば」というものをキーワードに、国や文化、人や心を結ぶ懸け橋でありたいと願っています。

沿革
1973年10月  東京都渋谷区(原宿)に英会話学院を設立
1981年 4月  日本語科を併設
1983年11月  (株)ウイリアムズ・アカデミー設立
1984年12月  (株)朝日学院と社名変更
1986年12月  日本語教育振興協会会員となる
1987年 1月  法務省承認 在留許可申請取次校として認定される
1989年 3月  千葉県柏市旭町に柏校を新設
1996年 3月  東京・原宿本校を閉鎖し、柏校を本校とする
2001年 4月  柏市明原に明原分室を開設
2006年 4月  柏市旭町の本校を柏市明原へ移転(現柏校)
2019年 8月  土浦校認可される